セルの文字列の前後にスペースを設定する

Excelでの文字列の前後スペースの設定

あまり知られていない機能ですが、セルの文字列の前後にスペースを埋めることが出来ます。

文字の配置の横位置の設定で「均等割り付け」を設定してる場合にのみ、前後にスペースを埋める設定を加えることができます。

セルの文字の前後スペースの設定はExcelの操作では、セル右クリック→セルの書式設定→配置タブ、の横位置で「均等割り付け」を選択し、前後にスペースを入れる、にチェックを付けてで設定します。

VBAでも同様の設定を行うことが出来ます。

セルの書式設定とプロパティの関係が以下の図になります。

ここでは図の黄色部分の前後スペースを設定するAddIndentプロパティについて説明します。

構文

Rangeオブジェクトにはセル範囲を指定します。

AddIndentプロパティは取得と設定を行うことが出来ます。

Trueの場合は「前後にスペースを設定」、Falseが「前後のスペースを解除」になります。

横位置(HorizontalAlignmenプロパティ)で「均等割り付け」を設定しているときのみ、AddIndentプロパティの利用が可能です。横位置で「均等割り付け」を設定していなくてもAddIndentプロパティの設定は可能ですが、画面には前後のスペースは解除された状態で表示されます。

サンプルコード

以下は設定と取得を行うサンプルコードです。


実行結果

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ