セルの文字列の角度を設定する

Excelでの文字列の角度の設定

セルの文字の角度の設定はExcelの操作では、セル右クリック→セルの書式設定→配置タブ、で設定します。角度だけでなく縦書き表示にすることもできます。

VBAでも同様の設定を行うことが出来ます。

セルの書式設定とプロパティの関係が以下の図になります。

ここでは図の黄色部分の角度を設定するOrientationプロパティについて説明します。

構文

Rangeオブジェクトにはセル範囲を指定します。

Orientationプロパティは取得と設定を行うことが出来ます。

設定する場合は-90から90の範囲の数値か定数を設定します。マイナス値は時計回りに回転した角度を指し、プラス値は反時計回りに回転した角度を指します。

範囲外(-91以下、91以上)の値を設定するとエラー1004になります。

以下が定数です。

定数 内容
xlDownward -4170 時計回りに90度回転した状態。-90と同じ意味になる。
xlHorizontal -4128 既定値。水平の0度。
xlUpward -4171 反時計回りに90度回転した状態。90と同じ意味になる。
xlVertical -4166 縦書き

サンプルコード

以下は設定と取得を行うサンプルコードです。


実行結果

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ