改ページの点線表示を切り替える

Excelで作った資料を印刷する前に、印刷プレビューでチェックをすることがあります。

ただ、印刷プレビューはズーム表示にしても表示が小さく細かい部分をチェックできない難点があります。

その対応策として、印刷プレビューではなく改ページプレビュー表示にして印刷範囲をチェックすることが出来るのですが、改ページプレビューも青線や印刷範囲外の文字が読みにくいなどのこれまた不便な点があります。

ちなみに改ページプレビューはリボンの「表示タブ→ブックの表示→改ページプレビュー」で選択できます。

私もそうですが、標準表示で改ページの状態が分かる方が都合が良い人が結構いると思います。

以下のマクロは標準表示で改ページの表示と非表示を切り替えるマクロです。

実行前がこれです。


実行するとこのような感じになります。

点線部分が改ページになります。


グリッド線を消すとさらにわかりやすくなります。




是非活用してください。

それにしても、印刷プレビューで確認したにも関わらず、実際に紙に印刷すると1文字だけ別の紙に印刷されるなど、紙が無駄になることを経験をされた方は随分多いのではないでしょうか。

プリンターの兼ね合いもあるのでしょうが、世界中でExcelの印刷失敗により無駄になっている紙の膨大さを考えると、どうにかしてもらいたいものです。

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ