行や列を選択する

Rowsプロパティ、Columnsプロパティ

行や列を選択や参照する場合に、Rowsプロパティ(行)やColumnsプロパティ(列)を利用します。

RowsプロパティとColumnsプロパティはRangeオブジェクトを返します。

引数の行番号や列番号を設定することで、参照する行や列を指定することが出来ます。

よく使う機能として、セル範囲の行数や列数を取得するCountプロパティはRows、Columnsプロパティで使用します。

構文

オブジェクト.Rows(行番号)
オブジェクト.Columns(列番号)

  • オブジェクト
    Applicationオブジェクト、Worksheetオブジェクト、Rangeオブジェクトのいずれかを指定します。
  • 行番号
    1行の場合はシートの行番号を Rows(2) のように指定します。
    複数行の場合は Rows(“1:4”) のように隣接する行番号同士をコロン(:)で連結してダブルクォーテーション(“)で囲います。
    行番号未設定時の Rows() は全行が対象になります。
  • 列番号
    1列の場合はシートの列の英字を Columns(“C”) のように指定するか、R1C1形式での列の番号を Columns(3) のように指定します。
    複数行の場合は 隣接する英字列名を Columns(“A:D”) のように書きます。列の番号での Columns(1:3) や Columns(“1:3”) のような書き方は出来ません。
    列番号未設定時の Columns() は全列が対象になります。

複数の行範囲や列範囲の指定はRangeオブジェクトで行う

1~3行目と6行目、のような複数の範囲をRowsプロパティやColumnsプロパティで指定することはできません。

このような場合は親オブジェクトのRangeオブジェクトで、Range(“1:3,6:6”) のように指定します。

この場合、RowsプロパティやColumnsプロパティの引数に、

のようなRangeオブジェクトで1~3行目と5行目と書いているのにRowsプロパティで6~7行目を参照するというような、参照範囲が異なる設定がされた場合、RowsプロパティやColumnsプロパティの引数が優先されます。
そのため上のコード例では6行目と7行目が選択された状態になります。


サンプルコード

行の参照

実行結果
1
3
1048576

列の参照

実行結果
1
1
3
16384

複数の行範囲の参照

実行結果
3

Rangeオブジェクトで指定した離れたセル範囲が選択されます。

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ