選択セル範囲に枠線(罫線)を設定する

罫線の設定方法

セルに枠線(罫線)を付けるには2通りの方法があります。

1つは挿入タブ→テーブル機能を使ったテーブルを作成する方法です。オートフィルターや背景色も付けてくれる便利な機能ですが、VBAで操作する場合はPasteメソッドでリンク貼り付けを行うとエラーになるなど、通常のセル操作とは違う点があります。

もう1つはここで紹介する方法で、セル範囲を選択してそこに枠線を設定する方法です。セル範囲を右クリック→セルの書式設定→罫線 での設定を自動化します。

サンプルコード

以下のコードには関数が2つあります。2つの関数を同じ標準モジュールなどに入れます。

実行するのは1つ目のSetFrameBorders()です。2つ目の関数SetBorderは1つ目の関数から呼び出している関数で上下左右、水平、垂直、それぞれに対して線の種類、太さ、色を指定された罫線を引きます。

SetFrameBorders()を実行すると、選択しているセル範囲の外枠を太線、縦を細線、横を極細線で枠線を引きます。選択するセル範囲はCtrl+ドラッグでの複数セル範囲になっていても問題ありません。


使い方

1.枠線を設定したいセル範囲を選択します。ここでは3つのセル範囲を選択しています。

2.上のサンプルコードのSetFrameBorders()を実行します。実行後はセル範囲が選択された状態のままです。

3.別のセルを選択して選択状態をはずした状態が以下になります。

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ