「セル」の記事一覧

VBAで現在位置や表の一番下から1つ下のセルを選択

1つ下のセルはOffset(1, 0)やCellsやRangeで選択 Offsetプロパティを使うと、基準となるセルから1つ下のセルを選択したり参照することが出来ます。 Offsetプロパティでの隣のセルの考え方は「VB・・・

VBAで隣のセルを参照する

隣のセルはOffsetプロパティで参照できる Offsetプロパティを使うと、基準となるセルから見て縦と横にどれだけ離れているか指定することで、隣のセルや離れているセルを参照することが出来ます。 これを相対参照と言います・・・

VBAで選択セル範囲の文字列を一括置換する

置換の2種類の方法 VBAで置換を行うには2つの方法があります。 1つはReplace関数を使う方法で、もう1つはReplaceメソッドを使う方法です。 Replace関数はVBAの処理で使う文字列の置換用関数で、Rep・・・

VBAで指定セル範囲のデータを並べ替え(Sort)

Sortメソッド 指定セル範囲のデータを並べ替えるには、その指定セル範囲を表すRangeオブジェクトのSortメソッドを利用します。 並び替えを行う列を最大3列まで指定できます。 構文 [crayon-5c1474c6e・・・

VBAでセルの置換を行う(Replaceメソッド)

セルの文字列を置換するReplaceメソッド Replaceメソッドはセルの文字列を別の文字列に置換します。 Excelの「検索と置換」ダイアログと同じ動作になります。 VBAの文字列の置換を処理を行うReplace関数・・・

VBAでセルの検索を続けて行う(FindNext、FindPrevious)

セルの検索を同じ条件で続けて検索する セルの検索はFindメソッドで行います。 その同じ検索条件で次の検索を行う場合はFindNextメソッド、前の検索を行う場合はFindPreviousメソッドを使います。 よって、F・・・

VBAで日付セルの検索を行う

日付セルの種類 日付セルの検索を行う場合、重要なのは日付がどのように入力されているか、という点です。 Excelで日付を入力する場合、そのセルの書式によってシリアル値なのか文字列なのかに大別されます。 ユーザー定義の表示・・・

VBAでセルの検索を行う(Findメソッド)

セルの検索を行うFindメソッド Findメソッドはセルの検索を行います。 Excelの検索機能と同じ動作になりますが、Excelの検索機能には無い検索開始セルを指定したり検索方向を指定可能になっています。 なお、Fin・・・

アクティブセルが入力セル範囲内か判定する

入力セル範囲にアクティブセルが含まれるか判定するには 入力セル範囲にアクティブセルが含まれるか判定が必要な場合があります。 例えばアクティブセルが基点のなって入力セル範囲の各セルを1つずつ処理するような場合です。 シート・・・

VBAで処理開始時のセルを再度選択する方法

処理開始時のセルの保持する方法 VBAでの処理で選択セルの位置が変わることがあります。 そのため、処理開始時のセルを再度選択したい場面があります。 その場合は、処理開始時にどのセルが選択されているのかを保持しておけばいい・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ