Excel作業をVBAで効率化

いつものExcel作業はVBAを使えば数秒で終わるかもしれませんよ

「配列」の記事一覧

VBAの配列の任意の位置への追加や削除を行う

配列の任意の位置へのデータの追加や削除を行うには VBAの配列はRedim Preserve構文で終端より先の領域を拡張することはできますが、配列の途中の部分にデータを挿入したり削除したりする仕組みはありません。 一般的 […]

配列を別の配列にコピーする

配列のコピーはコピー先が動的配列であれば代入が可能 配列には2種類あります。配列の要素数を事前に指定する静的配列と、処理中に要素数が変わる動的配列です。 コピー先の配列が静的配列か動的配列かでコピーの仕方は異なります。 […]

VBAで配列を連想配列Dictionaryに変換する

配列の検索は遅い ソートされていない配列から指定文字列を検索するには先頭もしくは最後から検索する必要があります。 この処理は線形探索のため、配列の要素数に比例して計算量が増えていきます。 そのため、配列サイズが大きければ […]

VBAで2次元配列の初期化と利用方法

VBAは多次元配列の利用が可能 VBAの配列では2次元の作成が可能です。 また、3次元、4次元、と多次元配列も可能です。 実際には2次元までが現実的なところと思われます。 3次元以降になってくると管理もデバッグも大変にな […]

VBAで定義可能な配列の最大次元数

配列の次元数には最大限度がある VBAでは多次元配列の利用が可能ですが、その次元数の最大には限度があります。 以下のMSDNでは「配列のすべての次元の長さは、(2 ^ 31) – 1 である Integer […]

VBAで配列に指定文字列が存在する位置を調べる

配列の指定文字列は先頭からループで調べる VBAで配列を利用する際に、指定する値が配列に入っているのか、そして入っているのであれば何番目に入っているのかを調べたいことがあります。 何が入っているのかを調べたい場合は配列の […]

VBAで配列・動的配列の初期化をチェックする

VBAで動的配列を使う際に、その動的配列がちゃんと動的配列として初期化されているのかをチェックしたい場合があります。 多いのは関数の引数に動的配列を用いた場合でしょうね。 関数を呼び出す側がちゃんと動的配列を初期化してい […]

VBAで動的配列の初期化と利用方法

VBAで配列を利用することがあります。 その配列に入れる値の数は固定の場合もあれば可変の場合もあります。 配列の要素数が最初に決まるものを「静的配列」や「固定配列」と言い、配列の要素数が変動するものを「動的配列」と言いま […]