「関数」の記事一覧

VBAで配列から指定文字列を含む要素を取得する(Filter)

Filter関数 Filter関数は配列から指定した文字列を含む要素を取得します。 指定した文字列があった場合は、それらを配列として返却します。 指定した文字列がなかった場合は、空の配列を返却します。 Filter関数は・・・

VBAで指定セル範囲からn番目の値を取得する

ワークシート関数のLARGE関数とSMALL関数 指定セル範囲の最大値や最小値はMAX関数やMIN関数で求められます。 その最大値や最小値の次点以降の、上から2番目や下から3番目などの値はLARGE関数とSMALL関数で・・・

VBAで配列の全要素を連結して文字列にする(Join)

Join Join関数は配列に格納されている文字列データを、指定した区切り文字で連結して、1つの文字列として返します。 例えば、配列の各要素の”aa”、”bb”、&#822・・・

VBAで乱数を発生させる(Rnd、Randomize)

Rnd、Randomize 乱数の発生にはRnd関数を使います。 Rnd関数は0以上1未満の範囲のSingle型の値を返します。 Rnd関数はブックを開きなおす度に同じ乱数値が発生します。 それを防ぐにはRandomiz・・・

VBAで数値を16進数に変換する(Hex)

Hex Hex関数は数値を16進数に変換し、文字列で返します。 数値が整数でない場合は、一番近い整数として扱われます。 Double型などの小数値を持つ値も変換できますが、後述の通り、小数値の扱いがわかりにくいため、He・・・

VBAでWin32APIを使う方法と定義一式

Win32APIを使うには Win32APIを使うにはDeclareステートメントで対象の関数を定義する必要があります。 過去にはWin32APIのDeclare宣言が書かれているWin32API.txtというファイルが・・・

VBAでオブジェクトや変数の種類を調べる(TypeName)

TypeName TypeName関数は変数やオブジェクトがどういう種類なのかを”Integer”や”Range”などの文字列で返します。 Integer型やRange型な・・・

VBAで配列かどうかを判定する(IsArray)

IsArray IsArray関数は変数が配列かどうかを判定します。 引数で渡された変数が配列の場合はTrue、配列でない場合はFalseを返します。 構文 Function IsArray(VarName) As Bo・・・

VBAで数値かどうかを判定する(IsNumeric)

IsNumeric IsNumeric関数は引数データが数値かどうかを判定します。 引数は数値型である必要はなく、”1.5″のように文字列でも数値として判定されます。 数値であればTrue、そうで・・・

VBAで小数点以下を切り捨てる(Fix、Int)

Fix関数とInt関数 Fix関数とInt関数は引数の小数点以下を切り捨てて整数を返します。 Fix関数は小数点以下を単純に切り捨てて整数を返します。 Int関数は引数の値が整数であればその整数を返し、小数点以下があれば・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ