「高速化」の記事一覧

VBAの高速化(文字列の連結はJoinで行う)

文字列同士の連結は遅い あまり知られていませんが、&や+での文字列の連結処理はかなり遅い処理になります。 その理由は、連結前の文字列と、連結後の文字列が格納されるメモリ領域が異なるためです。 2つ以上の文字列を連・・・

VBAの高速化(クラスは参照設定+Newする)

参照設定を行いクラスの型宣言を行う方が速い VBAでクラスを利用する場合に、変数宣言時に型を書く方法と書かない方法の2通りがあります。 型を書く場合は、事前に参照設定で対象のライブラリにチェックをつけておく必要があります・・・

VBAの高速化(Selectでのセル選択を行わない)

RangeプロパティやCellsプロパティでセルを参照する際に、そのセルをSelectメソッドで選択することがあります。 選択しておいて、ActiveCellオブジェクトに対する各種メソッドやプロパティでの処理を行う場合・・・

VBAの高速化(RangeとCellsの使い分け)

VBAでセルを参照する際にRangeプロパティかCellsプロパティのどちらかを使うことになります。 その際に、Cellsプロパティだけで実装することも、Rangeプロパティだけで実装することも可能です。 しかし、このよ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ