Color値をRGB関数値に変換

Colorプロパティの値を見ても色が判別できない

Colorプロパティには色の値をLong型の整数値で設定します。

以下のようにマクロの自動実行でセルの文字色を設定した際にColorプロパティにLong型の値が設定されます。

しかし、このように値から色が読み取れません。

以下の関数はColorプロパティに設定するLong型の値をRGB関数のRed,Green,Blueの内容に変換します。比較用としてHex関数で16進数の値も出力しています。


サンプルコード

Colorの値をRGB関数の各色に変換する関数です。
引数1:(IN)Colorプロパティに設定されているLong型の値
引数2:(OUT)変換後の赤色の値
引数3:(OUT)変換後の緑色の値
引数4:(OUT)変換後の青色の値

上記関数の呼び出しテスト関数です。

補足ですが、RGB関数の表記は名前の通りの順ですが、16進数表記はの順になり、がRGB関数と16進数では逆になります

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ