FileSystemObjectクラスのメソッド

ファイル操作メソッド

メソッド名 機能
CopyFile ファイルをコピーします。
CreateTextFile TextStreamオブジェクトとしてファイルを作成します。
DeleteFile ファイルを削除します。
FileExists ファイルが存在するかどうか調べます。
GetFile ファイルを取得します。
GetFileName パスのファイル名を返します。
GetFileVersion ファイルのバージョン番号を返します。
GetTempName 一時ファイル名を返します。実行する度に一時ファイル名は変わります。
MoveFile ファイルを移動します。ファイル名の変更も可能です。
OpenTextFile ファイルをTextStreamオブジェクトとして開きます。

フォルダ操作メソッド

メソッド名 機能
CopyFolder フォルダをコピーします。
CreateFolder フォルダを作成します。
DeleteFolder フォルダを削除します。
GetFolder フォルダを取得します。

ドライブ操作メソッド

メソッド名 機能
DriveExists ディスクドライブまたはネットワークドライブが存在するかどうか調べます。
GetDrive ディスクドライブ名またはネットワークドライブのUNC名を取得します。
GetDriveName パスのドライブ名を返します。
MoveFolder フォルダを移動します。

パス関連メソッド

メソッド名 機能
BuildPath 2つのパスを連結して返します。
FolderExists パスが存在するかどうか調べます。
GetAbsolutePathName パスの基準表現を返します。
GetBaseName パスのベース名を返します。
GetExtensionName パスの拡張子を返します。
GetParentFolderName 1つ上のフォルダのパスを返します。
GetSpecialFolder 各システムフォルダの位置を取得します。

その他メソッド

メソッド名 機能
GetStandardStream VBAでは使えません。

FileSystemObjectクラスのプロパティ

プロパティ名 機能
Drives 全てのドライブのDrivesコレクションを取得します。

TextStreamクラスのメソッド

メソッド名 機能
Close テキストファイルを閉じます。
Read 指定した数の文字を文字列に読み込みます。
ReadAll テキストファイル全体を文字列に読み込みます。
ReadLine 行全体を文字列に読み込みます。
Skip 指定した文字数をスキップします。
SkipLine 行をスキップします。
Write テキストファイルに文字列を書き込みます。
WriteBlankLines テキストファイルに複数行の空白行を書き込みます。
WriteLine テキストファイルに文字列と行末コードを書き込みます。

TextStreamクラスのプロパティ

プロパティ名 機能
AtEndOfLine 読み取り専用。現在の位置は行の末尾かどうかを示します。
AtEndOfStream 読み取り専用。現在の位置はテキストファイルの最後かどうかを示します。
Column 読み取り専用。現在の桁数
Line 読み取り専用。現在の行番号