VBAでシートの見出しの色の取得と設定を行う

シートの見出しの色

シートの見出しにはWorksheet.TabプロパティのColorIndex、Color、ThemeColorのいずれかのプロパティを使って色を付けることが出来ます。

3つのプロパティで色が設定できるのはセルの背景色と同じです。

ただし、セルとは異なり、シートの見出しには網掛けなどの表現は出来ません。

構文

Colorプロパティ

Color Colorプロパティで取得する値はDouble型のRGB値になります。

設定する場合も同様にRGB値を設定します。

RGB値とはRGB関数で赤、緑、青の割合をそれぞれ0から255の範囲で設定した結果の値になります。

RGB関数は「RGB(赤割合, 緑割合, 青割合)」で記述します。

RGB値については「VBAでWebカラーCSS3の147色を指定する」をご参照ください。

ColorIndexプロパティ

ColorIndex XlColorIndex列挙型、または、1から56を設定します。

ColorIndexプロパティはカラーパレットのインデックス番号に対応しています。

カラーパレットの56色の配色はExcelのオプション→保存→色ボタンで表示される「色」ダイアログで変更できます。

そのため、標準では黒は1番ですが、常に黒ではありません。

これが常に色がRGB値であるColorプロパティとの違いです。

XlColorIndex列挙型

定数 内容
xlColorIndexAutomatic -4105 自動的に色を設定する
xlColorIndexNone -4142 背景色を未設定にする

ThemeColorプロパティ

ThemeColor テーマカラーをXlThemeColor列挙型で取得および設定します。

 内容列に書いている色はExcel2016の標準の状態での色です。

テーマが変わったりExcelのバージョンにより色は変わります。

XlThemeColor列挙型

定数 内容(標準時の色)
xlThemeColorDark1 1 背景1(白)
xlThemeColorLight1 2 テキスト1(黒)
xlThemeColorDark2 3 背景2(灰色)
xlThemeColorLight2 4 テキスト2(青灰色)
xlThemeColorAccent1 5 アクセント1(青)
xlThemeColorAccent2 6 アクセント2(オレンジ)
xlThemeColorAccent3 7 アクセント3(灰色)
xlThemeColorAccent4 8 アクセント4(金色)
xlThemeColorAccent5 9 アクセント5(青)
xlThemeColorAccent6 10 アクセント6(緑)

サンプルコード

以下はColor、ColorIndex、ThemeColorプロパティのそれぞれで見出しの色の設定を行うサンプルです。

実行後

実行後は以下のように色がそれぞれ設定されます。なお、シート名は事前に付けています。

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ