VBAでシート名の取得と設定を行う

シート名はNameプロパティで管理

シート名は各種シートオブジェクト(Worksheet、Chart、DialogSheet)のNameプロパティで管理されています。

シート名の取得と設定のどちらもNameプロパティで行います。

シート名の取得を行うコードと設定を行うコードをそれぞれ紹介します。

シート名の取得

以下のコードでは2つ関数がありますが、1つ目のGetSheetName関数は指定したワークシートのシート名を取得する関数で、2つ目のGetSheetNameTest関数はシート名取得のテストコードです。

アクティブシートを指すActiveSheetオブジェクトを使ってWorksheetオブジェクトのNameプロパティを参照しています。

実行結果
Sheet1(新規ブックの初期状態のままの場合)

シート名の設定

シート名の取得と同様にNameプロパティに対してシート名を設定します。

以下のコードの1つ目の関数が引数のshtName変数の値でシート名を設定する関数です。2つ目の関数はテストコードです。

実行結果
Sheet1(新規ブックの初期状態のままの場合)
Sheet1a

シート名設定時の注意点

シート名を設定する際にはいくつかの決まりがあります。これはExcelの仕様です。

  • 1文字以上、31文字以内であること。
  • 全角半角に関わらず、コロン(:)、円記号(\)、スラッシュ(/)、疑問符(?)、アスタリスク(*)、左角括弧([)、右角括弧(])が設定できない。
  • 同じブック内で同じシート名は設定できない。

これらに抵触した場合は以下のエラーが発生します。

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ