DisplayHorizontalScrollBar、DisplayVerticalScrollBarプロパティ

ウィンドウのスクロールバーの表示と非表示を設定する場合にDisplayHorizontalScrollBarプロパティとDisplayVerticalScrollBarプロパティを利用します。

DisplayHorizontalScrollBarプロパティは名前の通り水平スクロールバー、DisplayVerticalScrollBarプロパティは垂直スクロールバーの操作を行います。

 

 

シートの表示は縦や横に分割することが出来ますが、分割している場合にスクロールバーの表示と非表示を行うと、分割した両方のスクロールバーが両方とも表示や非表示になります。

こちらはウィンドウ分割時のスクロールバー表示時の状態です。

 

こちらは非表示の状態です。分割した右側だけや上側だけスクロールバーを非表示にする、ということは出来ません。

構文

DisplayHorizontalScrollBar構文

参照時
Window.DisplayHorizontalScrollBar

設定時
Window.DisplayHorizontalScrollBar As Boolean

DisplayHorizontalScrollBar構文

参照時
Window.DisplayVerticalScrollBar

設定時
Window.DisplayVerticalScrollBar As Boolean

DisplayHorizontalScrollBarプロパティとDisplayVerticalScrollBarプロパティはどちらも参照方法と設定方法が同じです。

親オブジェクト Windowオブジェクトを指定します。通常はアクティブウィンドウを指すActiveWindowを指定することが多いと思います。
設定値 Boolean型のTrueを指定した場合はスクロールバーを表示し、Falseの場合は非表示になります。

シートが分割されている場合、分割された両方のスクロールバーがともに表示と非表示が同時に設定されます。

サンプルコード

実行する度に水平スクロールバーの表示と非表示を切り替えるコードです。

Not演算子を使って、元の状態の逆を設定するようにしています。

 

実行する度に垂直スクロールバーの表示と非表示を切り替えるコードです。