VBAでセルを選択する

セルの選択

セルの選択はRangeオブジェクトのSelectメソッドやActivateメソッドで行います。SelectとActivateの違いについては「VBAのSelectとActivateの違い」を参照ください。

RangeオブジェクトはRangeプロパティやCellsプロパティや[]で取得します。

Cellsプロパティは単一セルの選択しかできませんが、Rangeプロパティは単一セルだけでなく複数セルの選択も可能です。

単一セルを選択する

Rangeプロパティで単一セルを選択

Rangeプロパティで単一セルを選択する場合は以下のように書きます。

この例では、A1セルを選択し、次にB2セルを選択します。

Cellsプロパティで単一セルを選択

Cellsプロパティは単一セルの選択時にのみ利用できます。

引数に行(縦)、列(横)の順に指定します。

この例では、A2セルを選択し、次にB3セルを選択します。


複数セルを選択する

Cellsプロパティでは複数セルは選択できません。Rangeプロパティを利用します。

Rangeプロパティで複数セルを選択する場合はいくつかの書き方があります。

9行目のように範囲選択をCellsプロパティで指定することもできます。

[]で選択する

[]を使ってセルの選択が可能です。使い方はRangeプロパティとほぼ同じで、違いはダブルクォーテーションがあるかないかです。

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ