VBAで半角スペースを指定数追加する(Space)

Space

Space関数は引数で指定した数だけ半角スペースを返します。

引数にマイナス値やあまりに大きい値を引数で渡すとオーバーフローや文字列領域不足のエラーになります。

構文

Function Space(Number As Long)
Function Space$(Number As Long) As String

Number 追加する半角スペースの数を指定します。

マイナス値やLong型の範囲を超える値の場合はエラーになります。

0を指定した場合はエラーにならず””が返却されます。

戻り値 指定された数の半角スペースを内部処理形式StringのVariant型で返します。

$付きのSpace$もありますが、通常は$無しのSpace関数を使った方がよいです。

$の有無については「VBA関数の$ドルマークの意味」をご参照ください。

引数不正によるエラー

引数にマイナス値を設定すると、「実行時エラー’5′: プロシージャの呼び出し、または引数が不正です。」が発生します。

また、Long型の範囲を超える値を引数に設定するとオーバーフローや文字列領域不足のエラーになります。

全角スペースを埋めたい場合はString関数を使う

Space関数は半角スペースを返しますが、全角スペースを返したい場合はString関数を使います。

String関数については「VBAで同じ文字を指定数だけ繰り返す(String)」をご参照ください。

サンプルコード

文字列の連結処理の中にSpace関数を埋めています。

それぞれ半角スペースを1文字と2文字を連結しています。

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ