VBAで指定ファイルのショートカットを作成する

ショートカットを作成するには

指定されたファイルやフォルダのショートカットを作成するにはWshShellクラスとWshShortcutクラスを利用します。

WshShortcutクラスのWshShortcutオブジェクトを作るために、WshShellクラスのCreateShortcutメソッドを利用します。

説明よりもコードを見た方が分かりやすいと思います。

参照設定

参照設定は、VBA画面→ツールメニュー→参照設定で「Windows Script Host Object Model」を選択します。

これでWshShellクラスとWshShortcutクラスを利用できるようになります。

以下はWshShellクラスのインスタンス変数の作成サンプルです。書き方は2通りあります。どちらでもいいです。1つ目のように1行で書いてもいいですし、2つ目のように変数定義とSetを別に書いてもいいです。

Newを1行で書くか2行で書くかは「VBAでクラス変数の宣言とNewを1行で書いてよいか」をご参照ください。

WshShortcutクラスのメソッドやプロパティ

Arguments リンク先に渡す引数を指定します。アプリケーションの引数などはここで設定します。
Description ショートカットの説明文を設定します。
FullName 作成したショートカットの絶対パスがフルパスで渡されます。
Hotkey ショートカットキーを割り当てます。Alt、Ctrl、Shiftとa-z、0-9、F1-F12などを指定します。”Ctrl+Alt+m”などの文字列を指定します。
IconLocation アイコンを文字列で指定します。”filepath, n”の形式で指定します。filepathにはアイコンを含むファイルを指定し、nにはアイコンを含むファイルの中で0から始まるn番目のアイコンであることを指します。”notepad.exe, 0″のように書きます。
Save ショートカットを作成します。
TargetPath ショートカットの先にある実体を指定します。
WindowStyle 実行中プログラムのウィンドウのスタイルを指定します。

intWindowStyle 内容
1 通常の表示です。ウィンドウをアクティブにして表示します。ウィンドウが最小化または最大化されている場合は、元のサイズと位置に戻ります。
3 最大化での表示です。ウィンドウをアクティブにし、最大化ウィンドウとして表示します。
7 最小化での表示です。ウィンドウを最小化し、次に上位となるウィンドウをアクティブにします。
WorkingDirectory 作業フォルダを指定します。

サンプルコード

フォルダのショートカットとファイルのショートカットを作成するサンプルコードです。

WshShortcutオブジェクトはWshShellオブジェクトのCreateShortcutメソッドを

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ