VBAのpersonal.xlsbが見えない場合の対応

いつものようにVBAの画面を開くと、なぜかpersonal.xlsbが見えないことがあります。

原因は正直言ってよく分からないのですが、実行できないマクロを作成してそのまま保存してしまった場合など、かなあ、というぐらいしか分からないです。

個人用マクロブックとしてExcel起動時に読み込まれていないので、当然personal.xlsbに保存しておいたマクロを実行しようと思っても実行できません。

復旧させるしかありません。

personal.xlsbが存在するか確認

まず、指定の場所にpersonal.xlsbが存在するか確認します。

C:\Users\PCのユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Excel\XLSTART\PERSONAL.XLSB
PCのユーザー名、の部分には使用しているPCのユーザー名が入ります。

以前に個人用マクロブックとしてpersonal.xlsbが保存されているのであればおそらくここにあると思います。

少なくとも私はここから消えた、という話は聞いたことがありません。

ここにpersonal.xlsbがなければ、ごみ箱を探しに行きましょう。

そして、見つかったらバックアップを取っておきましょう。


PCを再起動する

念のためにExcelだけでなくPCも再起動しましょう。

ちなみに、私がこの事象を見たときは再起動で直ったことはありません。

念のためです。

pesonal.xlsbを有効にする

personal.xlsbが存在することを確認したら、Excelを開いてオプション画面に行きます。

ファイルタブ→オプション、で「Excelのオプション」画面を開きます。

左側から「アドイン」を選択して、右下の管理のプルダウンで「使用できないアイテム」を選択して、設定ボタンを押します。

「使用できないアイテム」画面が開くと、そこにpersonal.xlsbが一覧にあるのを確認します。

一覧からpersonal.xlsbを選択して、「有効にする」ボタンを押して、「閉じる」ボタンで閉じます。

復旧を確認する

VBAの画面を開き、personal.xlsbが見えていることを確認します。

最初に私がこの事象を見たとき、結構はまりました。

原因が分からないので何を気を付けたらよいのかも分かりませんが、解決方法はあることを覚えておくと焦らずに済みます。

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ