コピーや切り取りしたセルのペースト

クリップボードのデータのペースト

Excelの操作ではセルのコピペや切り取り+ペーストは利用頻度が多い操作です。

VBAでも同じことは可能です。ただ、利用頻度は低いでしょうね。

ペーストはPasteメソッド、または、PasteSpecialメソッドを利用します。

この2つのメソッドはどちらもクリップボードのデータを貼り付ける点は同じですが、貼り付ける際の細かい条件が異なります。

Excel操作での貼り付け(ショートカット:Ctrl + V)にあたるのがPasteメソッド、右クリック+形式を選択して貼り付けにあたるのがPasteSpecialメソッドです。

Pasteメソッドはエラーになりやすい

Pasteメソッドはセルを扱うメソッドの中でも特にエラーが頻発します。

それが嫌なため個人的にはPasteメソッドはまず使いません。

どうしても利用する場合はエラーの回避方法を後述していますので参考にしてください。

構文

Pasteメソッド

CutメソッドまたはCopyメソッドで保管されたクリップボードのデータをセルに貼り付けます。引数Destinationと引数Linkは同時に設定できません。

Pasteメソッドを実行する前に、貼り付け先のセル範囲を選択しておく必要があります。

項目 説明
Worksheetオブジェクト クリップボードのデータを貼り付けるシートを指定します。
Destination 省略可能です。クリップボードに保管されているデータの貼り付け先のセルを指定します。この場合、引数Linkの設定は出来ません。省略した場合は現在選択されているセル範囲が貼り付ける対象になります。
Link 省略可能です。事前に貼り付け先のセル範囲を選択しておく必要があります。元データに対して「=A1」のように数式を設定してリンクします。省略した場合またはFalseの場合はリンクしません。Linkの設定を行う場合は引数Destinationの設定は出来ません。

PasteSpecialメソッド

クリップボードのデータをどういう形式で貼り付けるかを指定してセルに貼り付けます。

Excelの「ホーム」タブ→「クリップボード」→「貼り付け」→「形式を選択して貼り付け」と同じ機能です。

項目 説明
Rangeオブジェクト クリップボードのデータを貼り付けるセルを指定します。
Paste 省略可能です。貼り付ける内容を指定します。指定にはXlPasteType列挙型を利用します。

定数 内容
xlPasteAll(既定値) 全て
xlPasteFormulas 数式
xlPasteValues
xlPasteFormats 書式
xlPasteComments コメント
xlPasteValidation 入力規則
xlPasteAllUsingSourceTheme テーマを含めた全て
xlPasteAllExceptBorders 罫線を除いた全て
xlPasteColumnWidths 列幅
xlPasteFormulasAndNumberFormats 数式と数値の書式
xlPasteValuesAndNumberFormats 値と数値の書式
Operation 省略可能です。貼り付ける際に加算や減算などの演算を指定します。指定にはXlPasteSpecialOperation列挙型を利用します。

定数 内容
xlPasteSpecialOperationNone(既定値) 演算をしません
xlPasteSpecialOperationAdd 加算(足し算)
xlPasteSpecialOperationSubtract 減算(引き算)
xlPasteSpecialOperationMultiply 乗算(掛け算)
xlPasteSpecialOperationDivide 除算(割り算)
SkipBlanks 省略可能です。空白セルを貼り付け対象とするかどうかを指定します。Trueは貼り付けません。省略またはFalseは貼り付けます。
Transpose 省略可能です。行と列を入れ替えるかどうかを指定します。Trueの場合は入れ替えます。省略またはFalseは入れ替えません。

サンプルコード

Pasteメソッドのサンプル

A1セルを含むセル範囲をA6セルに貼り付け、A10セルにA1のセル範囲への「=A1」などの数式でのリンクを設定します。

7行目のCutCopyModeにFalseを設定していますが、これはコピーした内容を無効にして、セル範囲を囲う点線表示を消します。


PasteSpecialメソッドのサンプル

Pasteメソッドとの違いは、上表の条件設定を状況に応じて設定するだけです。Excelの貼り付けオプションを見たほうが分かりやすいと思います。

Pasteメソッドの注意点

Pasteメソッドを実行する際にエラーが発生することがあります。

エラーの原因には大きく2つあります。

1つはクリップボードにデータが入っていないためで、もう1つは、Link:=True が実行できないセル形式のためです。

クリップボードにデータが無い場合の対応方法

CopyメソッドやCutメソッドなどでのクリップボードのデータ保管漏れが無いか確認します。

ところが、Copyメソッドはちゃんと実装されているのに上記エラーが発生することがあります。

これは、Copyメソッドによるクリップボードへのデータ保管が終わらない状態でPasteメソッドを実行していることが原因です。Copyメソッドが無くクリップボードにも何も無い状態でPasteメソッドを実行すると同じエラーになります。

回避方法には2つあります。

1つは、Copyメソッドの引数Destinationを利用してCopyと同時に貼り付けを行う方法です。こちらの方法をおすすめします。Cutメソッドでも同様のことが可能です。

もう1つは、Copyメソッドによるクリップボードへのデータ保管を待つ方法です。
モジュールの先頭にWin32APIのSleep関数の定義を追加します。

Sleep関数を使ってクリップボードへのデータ保管を待ちます。

ただ、個人的にはこの方法はおすすめしません。理由はどれぐらいの時間を待てばいいのか明確でないことと、その待ち時間がもったいないという点です。

リンク貼り付けの場合はコピーできない形式がある

Excelのテーブル機能(挿入タブ→テーブル)を使った表形式のセルをPasteメソッドの引数Link:=Trueで設定しようとするとエラーになります。

このように、Pasteメソッドが有効にならないケースがあります。

そういう場合は以下のように、一度Copyメソッドでコピペしておいて、あとで数式形式に書き換えてしまう方法があります。

Pasteメソッドは何かとエラーが頻発するので私は敬遠していますが、以下のマクロの方法であればPasteメソッドを使わずに貼り付けが実装できます。

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ