Excel作業をVBAで効率化

いつものExcel作業はVBAを使えば数秒で終わるかもしれませんよ

「ブック」の記事一覧

不要な名前の定義をVBAで一括削除する

名前の定義が邪魔 セルには「A1」などの座標がありますが、セル範囲に名前を付けて座標の別名として扱うことが出来るようになります。これが「名前の定義」です。 うまく使えば便利な機能ですが、複数の人が扱うブックに名前の定義を […]

開いたり保存したブックの履歴を100%記録する

あのブック、どこにあったっけ・・・ 仕事でよくあるのが、「この前見た資料、どこに置いてあったっけ・・・」とか「どこに保存したっけ?」という状況です。 「最近使ったアイテム」に残っておらず、ファイルサーバーだったか、自分の […]

VBAでブックを上書き保存する(Save)

ブックの保存(上書き保存) ブックを上書き保存するには、保存対象ブックのWorkbookオブジェクトのSaveメソッドを利用します。 Saveメソッドで保存すると、ブックの内容が保存されるだけでなく、そのブックの更新日時 […]

VBAでブックの新規作成を行う(Workbooks.Add)

ブックの新規作成を行うには ブックの新規作成を行うには、WorkbooksコレクションのAddメソッドを利用します。作成されたブックはアクティブ(最前面表示)になります。 新規作成されたブックは保存されるまではファイルが […]

VBAで開いてる全てのブックのパスを取得する

開いていたブックが分からない Excelでの作業を行う場合に、複数のブックを開いて作業することがあります。編集するブックは1つだけど、参考にするブックが複数あったり、とかのように、編集用と参照用が分かれることがよくありま […]