「VBA」の記事一覧

VBAでファイルやフォルダの属性を解除する

属性の解除はGetAttr関数とSetAttr関数を使って行う ファイルやフォルダの属性はSetAttr関数で設定することが出来ますが、SetAttr関数は解除も行うことが出来ます。 正確には解除というよりも属性を新しく・・・

VBAで中央値を求める

VBAで中央値を求める方法 Excelではワークシート関数のMEDIAN関数を使うと中央値が求められます。 VBAで中央値を求めたい場合はこのMEDIAN関数を使うのが一番簡単です。またほとんどの場合において一番高速です・・・

VBAで同じ値のセルがいくつあるかを高速に数える

全セルを対象とする場合 シートに入力されているセルの中で、同じ値が設定されているものがいくつあるのかを調べたい場合があります。 例えばA列に上から順にこのような値が設定されている場合に、「あああ」が3つ、「いいい」が2つ・・・

VBAのDimでの変数宣言時に初期値も設定する

変数宣言時に初期値を設定するには VBAの変数宣言は一般的には以下のようなコードを書きます。 Dim 変数名 As データ型 これだと変数定義のみで、既定の初期値が適用されます。 初期値を設定したい場合は変数定義と初期値・・・

VBAで祝祭日と土日に色を付ける

祝祭日を判定するには Excelでは曜日の判定は出来ますが祝日の判定は出来ないため、祝祭日の情報をなんらかの方法で参照する必要があります。 一般的なのは祝祭日シートを用意したりネット情報を参照する方法だと思いますが、メン・・・

VBAで生年月日から年齢を求める

VBAで生年月日から年齢を求める方法 VBAで生年月日から年齢を求める方法には以下の2通りあります。 ワークシート関数のDATEDIF関数を使う方法 VBA関数のDateDiff関数を使う方法 どちらでもいいです。 なお・・・

VBAのオブジェクトのSetコピーとディープコピー

VBAのオブジェクトのコピーは参照渡ししか無い VBAでいろんなオブジェクト変数があります。そしてオブジェクト変数のコピーはSetステートメントで行います。 Setステートメントによるコピーは参照渡しになります。 しかし・・・

VBAでセルなどの入力チェックを行う

入力チェックの種類 セルやテキストボックスの文字列の入力チェックが必要な場合がありますが、入力チェックには以下のようにいろいろあります。 未入力チェック 文字数チェック 日付形式チェック 郵便番号形式チェック メールアド・・・

VBAでインターネットからファイルをダウンロードする

インターネットからファイルやデータのダウンロードを行うには VBAを使ってインターネットのデータをダウンロードする方法にはいくつかあります。 ここで紹介するWin32APIを使う方法や、WshShellやShell関数で・・・

VBAでバッチファイル(bat)を実行する

バッチファイルを実行するにはShell関数を使う バッチファイル(*.bat)を実行するにはShell関数かWshShellクラスを使います。 どちらを使うかはバッチファイルとVBAが同期か非同期かによります。バッチファ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ