セルのグリッド(線)の表示を切り替える

セルの書式設定で罫線を使って表を作ることがよくあります。
その際に、罫線がグリッド線のせいで分かりにくくなることがあります。
特に、細い線を使った場合は罫線なのかグリッド線なのか判別がしづらくなります。

仕事などで作成する表はもっと大きいものの方が多いと思われますので、
印刷後に失敗したことに気が付いて、再修正、なんてことを考えられます。
グリッド線の表示と非表示が瞬時に行うことができれば、
ミスの削減につながり全体的な作業時間の短縮にも繋がります。

グリッド線は設定(Excel2007以降はファイルメニュー→オプション→詳細設定→枠線を表示する のチェック)で切り替えられますが、
設定を変更するまでの操作がわずらわしいのが難点です。


そのわずらわしさを解消するためのグリッド線の表示と非表示を切り替えるマクロです。

このような感じになります。


この例では3行目と4行目の間に線がない部分がありますが、
グリッド線があるとそれが分かりにくいです。

コードは以下になります。
このマクロを実行する度にグリッド線の表示と非表示が切り替わります。
Excel2003含め、以降のバージョンでも動作確認済みです。


是非活用してください。

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ