セルのスタイルの設定と取得

セルのスタイルの取得と設定を行うStyleプロパティ

セルには複数の書式を1度に設定できる「スタイル」を使うことが出来ます。

スタイルには表示形式、フォント、配置、罫線、塗りつぶし、保護などの書式を組み合わせたものに名前を付けられています。

登録されているスタイルはホームタブ→スタイルグループの右下にあるボタンで一覧表示されます。

また、好みのスタイルを登録することも出来ます。

VBAでこれらのスタイルを設定する場合はStyleプロパティを利用します。

構文

Rangeオブジェクト Styleプロパティの親オブジェクトとしてRangeオブジェクトを指定します。単一セルだけでなく範囲指定も可能です。
スタイル名文字列 スタイル名を文字列で指定します。スタイル名はホームタブ→スタイルグループのスタイル一覧にマウスを当てるとポップアップ表示されます。

右クリックして変更を選択後のダイアログでも確認できます。



スタイル名設定時の注意

スタイル名の英数字とスペースは半角になります。ひらがな・カタカナ・漢字は全角になります。

スタイル名に全角スペースや半角カタカナなどを設定すると実行時エラー450になります。

最初のスタイルに戻す場合

初期状態のスタイルは”標準”という名前のスタイルです。

新規ブックを開いたときに設定されている既定のスタイルで、”標準”という名前で登録されています。

元に戻したい場合はStyleプロパティに”標準”を設定します。

サンプルコード

事前に表形式のデータを入力したあとにスタイルを設定するサンプルコードです。

実行結果

分かりやすくするためにグリッド線は消しています。

実行前

実行後

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ