セルの文字列のスタイルの取得と設定

スタイルとは

Excelでのスタイルの設定はセルの書式設定のフォントタブで行うことが出来ます。

標準、太字、斜体、太字+斜体の4種類です。

これをVBAで行うにはFontStyleプロパティを利用します。

構文

親オブジェクトとしてFontオブジェクトを指定します。

設定値は文字列で、”標準”、”太字”、”斜体”、”太字 斜体”のいずれかを設定します。

これら以外を設定した場合は設定が無効になり、元のスタイルが維持されます。エラーとはなりません。

BoldプロパティとItalicプロパティとの関係

FontStyleプロパティの文字列はBoldプロパティとItalicプロパティの組み合わせと相関関係があります。

そのため、FontStyleプロパティを使わなくてもBoldプロパティとItalicプロパティを使うことで同じことが実現できます。

FontStyleプロパティと、その値に対応するBoldプロパティとItalicプロパティの関係は以下になります。

FontStyle設定値 対応するBoldプロパティ 対応するItalicプロパティ
“標準” False False
“太字” True False
“斜体” False True
“太字 斜体” True True

サンプルコード

5行目でスタイルの取得を行い、それ以降で設定を行っています。


関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ