利用できるフォントの種類を取得する

Excelで利用できるフォントの種類を確認する方法

Excelで利用できるフォントは、ホームタブ→フォント のコンボボックスを見ることで確認できます。

または、セルを右クリック→セルの書式設定→フォントタブ→フォント名 からも確認できます。

フォントの種類を取得するには

上記の通り、フォントの種類はリボンから選択します。

このリボンにある各種コマンドは、Application.CommandBars プロパティで取得することが出来ます。

その中でフォント関連は Formatting というコマンド名で定義されています。

フォントの種類の一覧を取得

以下のコードはシートのA1セルを基準として、それ以降にフォントの種類を出力する関数です。

フォント関連のコマンドは Application.CommandBars(“Formatting”) で定義されています。

フォントの種類のコンボボックスは Application.CommandBars(“Formatting”).Controls.Item(1) で参照できます。

ControlsプロパティにはItem 1~Item 19 程度の範囲でフォント関連の各プロパティが定義されています。

コードには書いていませんが、フォントサイズであれがItem(2)、太字であればItem(3)、などです。これらの種類は後述しています。

フォントの名前はItem 1で定義されているため、Item(1)としています。


実行結果(抜粋)

フォントの各種プロパティ

フォントを構成する各種プロパティを取得するマクロです。

上のコードのItem(1)の数字が出力結果の数字と一致します。

Item(4)であれば斜体になります。

実行結果

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ