文字列の両端のスペースを除去する(Trim、LTrim、RTrim)

Trim、LTrim、RTrim

Trim、LTrim、RTrim関数は文字列の両端、左側、右側から連続する半角スペースと全角スペースを除去します。

関数 変換前 変換後
Trim ” □abc□ “ “abc”
LTrim ” □abc□ “ “abc□ “
RTrim ” □abc□ “ ” □abc”

※□は全角スペースを意味します。

構文

String スペースを削除する前の文字列を指定します。
戻り値 スペースを除去したあとの文字列を内部処理形式がStringのVariantの値で返します。

$ありと$なしの関数がありますが通常は$なしで問題ありません。$ありなしの違いについては「VBA関数の$ドルマークの意味」を参照ください。

ワークシート関数のTRIM関数との違い

ワークシート関数にTRIM関数があります。

半角、全角スペースを両端から削除します。

VBA関数のTrim関数との違いですが、違いはありません。

なお、ワークシート関数にはVBA関数のLTrim、RTrim関数に該当する関数はありません。

文字列の途中にあるスペースを除去するには

Trim、LTrim、RTrim関数は文字列の両端のスペースが対象になるため、文字列内にスペース文字があっても除去しません。

文字列内にある全てのスペースを除去したい場合はReplace関数を使います。

元文字列は” abc 12□3 “です。□は全角スペースです。

半角スペースの除去と全角スペースの除去を分けて処理しています。

サンプルコード

元文字列” □abc□ “(□は全角スペースです。)に対してTrim、LTrim、RTrimを行うサンプルです。

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ