Zoomプロパティ

ウィンドウの表示倍率を変更する場合はZoomプロパティを利用します。

倍率はパーセント値を10(%)から400(%)の範囲で設定します。

範囲外の値を設定した場合は「実行時エラー’1004′: WindowクラスのZoomプロパティを設定できません。」のエラーになります。

Zoomプロパティはアクティブシートだけが対象

Zoomプロパティはアクティブシートにのみ設定可能です。

そのため、例えば全シートのZoomを100%にしたい場合は、各シートを選択した上でZoomプロパティに100を設定する必要があります。

構文はWindowオブジェクトをZoomプロパティの親オブジェクトとして指定しますが、Zoomプロパティ自体はアクティブシートにしか有効でないため、シート選択→Zoom設定、という流れに従う必要があります。

構文

参照時
Window.Zoom As Variant

設定時
Window.Zoom = 設定値

親オブジェクト Windowオブジェクトを指定します。

通常はアクティブウィンドウを指すActiveWindowを指定することが多いと思います。

設定値 表示倍率をパーセント単位で10から400の範囲で設定します。

数値以外にもTrueとFalseが設定できます。

Trueを設定すると選択セル範囲を拡大表示し、Falseを設定すると100%の表示倍率になります。

サンプルコード

120%の表示倍率にするサンプルです。

 

A1セルからG7セルを拡大表示するサンプルです。ZoomプロパティにTrueを設定することで選択セル範囲を拡大表示します。

 

表示倍率を100%に戻すサンプルです。