ウィンドウの整列

複数のブックを開いているときにウィンドウの整列を行うことで並べて表示することが出来ます。

整列する方法には4種類あります。

並べて表示
上下に並べて表示
左右に並べて表示
重ねて表示

アプリケーションウィンドウとそのウィンドウのコピーを整列させた場合は画面のスクロールを行うと両方のウィンドウが一緒にスクロールします。

構文

Windows.Arrange([ArrangeStyle As XlArrangeStyle = xlArrangeStyleTiled], [ActiveWorkbook], [SyncHorizontal], [SyncVertical])

親オブジェクト 親オブジェクトとしてWindowsコレクションを指定します。
ArrangeStyle 整列方法をxlArrangeStyleTiled列挙型の定数で指定します。省略時はxlArrangeStyleTiledが採用されます。

定数 内容
xlArrangeStyleTiled 1 並べて表示
xlArrangeStyleHorizontal -4128 上下に並べて表示
xlArrangeStyleVertical -4166 左右に並べて表示
xlArrangeStyleCascade 7 重ねて表示
ActiveWorkbook
省略可
アクティブウィンドウをそのウィンドウのコピーを整列させる場合はTrueを設定し、開いている全てのウィンドウを整列させる場合はFalseを指定します。

省略時はFalseになります。

SyncHorizontal
省略可
整列後のウィンドウの横スクロールを同期させたい場合はTrueを設定します。

第二引数のActiveWorkbookがTrueの場合のみ有効になります。

省略時はFalseになります。

SyncVertical
省略可
整列後のウィンドウの縦スクロールを同期させたい場合はTrueを設定します。

第二引数のActiveWorkbookがTrueの場合のみ有効になります。

省略時はFalseになります。

最小化のウィンドウは整列されない

ウィンドウは通常表示や最大化表示、最小化表示がありますが、最小化表示されている場合は整列されません。

そのため、整列させたい場合は事前に通常表示か最大化表示しておく必要があります。

整列されない場合がある

最小化されたウィンドウがある場合で、かつ、引数ActiveWorkbookを省略した場合、Arrangeメソッドを実行してもウィンドウの整列が行われません。

もしArrangeメソッドが正しく動作しない場合は、最小化表示のウィンドウがないことと、引数ActiveWorkbookが省略されていないことを確認してください。

サンプルコード

現在開いているすべてのウィンドウをタイル状に並べて表示するサンプルです。