VBAでファイルの行数を取得する

ファイルの行数が必要な理由

VBAでテキストファイルやCSVファイルなどを扱う際に、そのファイルの行数を知りたいことがあります。

その理由には大きく3つあります。

  1. 単純に行数を知りたいため。
  2. Excelの最大行数(Range(“A:A”).Rows.Count)と比較するため。
  3. 高速化のため。

1番目はいいとして、2番目はファイルの内容をシートに貼り付けたい場合にExcelシートの最大行数(Range(“A:A”).Rows.Count)を超えていないかのチェックのためで、3番目は配列の領域確保を事前にファイル行数分行っている方が高速になるためです。

ファイルの行数取得方法にはいくつかありますが、ここでは3つ紹介します。

事前設定

以下のサンプルコードではFileSystemObjectとADODBを利用しています。

1つ目と2つ目のサンプルを利用する場合はFileSystemObjectを利用するため、VBA画面のツールメニュー→参照設定 で「Microsoft Scripting Runtime」にチェックを付けてください。

3つ目のサンプルを利用する場合はADODBを利用するため、VBA画面のツールメニュー→参照設定 で「Microsoft ActiveX Data Objects x.x Library」にチェックを付けてください。x.xのバージョンは最大のものを選択してください。




1. 高速にファイル行数を取得する方法

FileSystemObjectのOpenTextFileを追加モードでオープンして最終行にシーク(書き込み位置を移動)させる方法です。その状態のLineプロパティはファイル行数+1の状態になっているため、Lineプロパティから1を引いた値がファイル行数になります。

10万行程度のファイルであれば数ミリ秒程度で取得できます。

使い方

コード説明
2行目 FileSystemObjectクラスのインスタンス変数を作成するためNewしています。
3行目 FileSystemObjectのメソッドから生成されるTextStreamクラスの変数を宣言しています。ここではまだ使える状態にはなっていません。
4行目 ファイル行数取得用の変数です。
6~10行目 ファイル存在チェックを行い、存在しない場合は-1を返しています。
13行目 OpenTextFileメソッドを追加モードで開き、書き込み位置をファイル終端に移動させています。
15行目 書き込み位置がファイル終端に移動している状態でのLineプロパティはファイル行数+1を返すため、-1してファイル行数に変換しています。ファイルの最終行が改行のみであっても正しくファイル行数を取得できます。

2. ファイルを1行ずつ読み込んで行数を取得する方法

FileSystemObjectを使うのは1つ目の方法と同じですが、こちらはファイル行を1行ずつ読み飛ばしてループカウンタからファイル行数を取得する分かりやすい方法です。

処理速度は1つ目よりは遅いですが、10万行程度のファイルであれば10ミリ秒も掛からないでしょう。

使い方

コード説明
2行目 FileSystemObjectクラスのインスタンス変数を作成するためNewしています。
3行目 FileSystemObjectのメソッドから生成されるTextStreamクラスの変数を宣言しています。ここではまだ使える状態にはなっていません。
4行目 ファイル行数取得用の変数です。
6行目 ファイル行数変数を0に初期化しています。
8~12行目 ファイル存在チェックを行い、存在しない場合は-1を返しています。
15行目 OpenTextFileメソッドでファイルを開きます。
17~21行目 ファイルの先頭から終端までループし、1行ごとにスキップして行数をカウントします。
23行目 取得したファイル行数を返します。



3. ADODBを使ってファイル行数を取得する方法

ちょっと変わった方法です。ADODBを使ってデータベースのようにファイルの行数を取得します。

処理速度は10万行程度で10数ミリ秒と1つ目のと比べると遅いです。

分かりやすくするためにあえてファイル存在チェックは入れていません。必要な場合は上のコードからFileSystemObjectの変数定義と存在チェック部分をコピペしてください。

使い方

コード説明
2~3行目 ADODBの接続とレコードセットのインスタンス変数を作成しています。
5行目 接続先の設定を行っています。
7行目 ファイルの読み込みを行っています。
9行目 RecordCountプロパティでファイル行数を取得しています。

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ