VBAでファイルパスをパスとファイル名に分割する

ファイルパスをパスとファイル名に分割

ファイルのフルパスを、フォルダパス部分とファイル名部分をそれぞれ取り出したい場合があります。

ファイル名部分だけを表示したい、などの場合ですね。

以下の関数は引数にファイルパスを渡すと、フォルダパス部分とファイル名を変数で返します。

引数のファイルパスをパス区切り文字である\文字で分割し、分割した最終文字列がファイル名となり、それ以外はフォルダパスになります。

ソースコード

引数1:(IN) ファイルパス
引数2:(OUT) フォルダパス
引数3:(OUT) ファイル



使い方

例としてCドライブのtestフォルダにabc.txtというファイルがあった場合の使い方です。

1番目の引数にファイルパスを渡し、2番目と3番目の引数にフォルダパス、ファイルをそれぞれ渡しています。

実行結果
元:C:\test\abc.txt
フォルダ:C:\test\
ファイル:abc.txt

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ