GridlineColor、GridlineColorIndexプロパティ

Excelを起動したときに新規ページが開きますが、デフォルトの設定であれば薄い灰色の枠線がセルのマス目になるように引かれています。

知らない方が結構おられますが、この枠線は色を変えることが出来ます。

Excelのバージョンによって若干操作は異なりますが、Excelのオプション→詳細設定→枠線の色、で色を選択して設定します。

枠線の色は「枠線を表示する」のチェックボックスにチェックが付いていることが前提です。

この枠線の色の設定をVBAで行う場合はGridlineColorプロパティを利用します。

GridlineColorIndex構文

Window.GridlineColorIndex = 設定値

親オブジェクト 親オブジェクトとしてWindowオブジェクトを指定します。

通常はActiveWindowオブジェクトを指定することが多いと思います。

設定値 設定したい枠線の色を指定します。FontオブジェクトのColorIndexと同様で1から56までのいずれかを指定します。

新規ページ時の初期表示の色を設定したい場合はxlColorIndexAutomaticを指定します。

 

GridlineColor構文

Window.GridlineColor = 設定値

親オブジェクト 親オブジェクトとしてWindowオブジェクトを指定します。

通常はActiveWindowオブジェクトを指定することが多いと思います。

設定値 設定したい枠線の色をRGB関数で指定可能な値を指定します。

標準色に戻したい場合

標準色は赤や青などの色の扱いとは異なります。

枠線を標準色に戻す場合はGridlineColorIndexプロパティにxlColorIndexAutomaticを設定する必要があります。

xlColorIndexAutomaticは特殊な値で実際の値は-4105となっています。

サンプルコード

GridlineColorIndexプロパティでアクティブウィンドウの枠線を赤に設定するコードです。

GridlineColorプロパティでアクティブウィンドウの枠線を赤に設定するコードです。

アクティブウィンドウの枠線の色を標準色に設定するコードです。