VBAで現在日付と現在時刻を取得する(Date、Time、Now)

Date、Time、Now

現在日付の取得にはDate関数、現在時刻はTime関数、現在日時はNow関数を利用します。

これらの関数は取得のみしか出来ません。関数の実行結果はDate型の値で返却されます。

構文

いずれの関数も引数は設定しません。

書式を変更する場合

通常は日付はスラッシュ区切りのyyyy/mm/dd、時刻はコロン区切りのhh:mm:ssで表現されます。

ただしこれはPCの設定によるものです。以下の設定ダイアログで設定されている内容が反映されます。

Windows7の場合

カテゴリ表示で「コントロールパネル」→「時計、言語、および地域」→「日付、時刻または数値の形式の変更」→「地域と言語」ダイアログ

Windows8または10の場合

カテゴリ表示で「コントロールパネル」→「日付、時刻、または数値の形式の変更」→「地域」ダイアログ

しかしPCの設定での表現ではなく、処理中は別の書式を変更したい場合があります。

そのような場合はFormat関数で変更することが可能です。

以下のサンプルコードに例を書いています。

日付、時刻の加減算

日付と時刻は加算や減算を行うことができます。

日付は数値の+と-、時刻は#hh:mm:ss#表記での+と-が可能です。

以下のサンプルコードに例を書いています。


サンプルコード

実行結果

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ