VBAのエラー処理の使い分け(On Error・Resume)

エラー処理のステートメント

エラー処理のステートメントには6種類あります。

ステートメント 内容
On Error Goto 行ラベル エラーが発生した際の処理を用意しておき、実際にエラーが発生するとその処理に遷移する。
On Error Goto 0 エラーが発生すると、エラー発生源の処理を無効にして処理を中断する。
On Error Resume Next エラーが発生してもエラーを無視して処理を続ける。
Resume エラーが発生するとエラー時用の処理を実行して、エラーが発生した行に戻る。
Resume Next エラーが発生するとエラー時用の処理を実行して、エラーが発生した行の次の行に戻る。
Resume 行ラベル エラー発生時に指定した行ラベルに処理を移す。

エラー処理のステートメントを使う理由

VBAでのエラーには主に3つあります。

コンパイルエラー、実行時エラー、論理エラー、の3つです。

それらのエラーの中で、エラー処理のステートメントは2つ目の実行時エラーが発生したときにエラーをどう扱うかについて記述します。

On Error Gotoステートメント

On Error Gotoステートメントはエラーが発生すると行ラベルに処理が移動します。

行ラベルとは、エラー発生時に処理を移す位置の名前で、コロン(:)を付けることで行ラベルと認識されます。

「On Error Goto 」の後ろに同じ行ラベル名を書いておくと、エラー発生時に処理が移ります。

On Error Gotoステートメントは、エラーが発生する可能性がある行よりも前に書いておく必要があります。

以下の2つはどちらもSetステートメントの行でエラーが発生する処理ですが、On Error Gotoステートメントの位置が異なります。

1つ目のコードはエラー発生行より前にOn Error Gotoステートメントを書いているためエラーが発生すると行ラベルに処理が移りますが、2つ目のコードはエラー発生行より後に書いているため、行ラベルに処理が移らず、実行時エラーとしてエラーダイアログが表示されます。

実行結果
1004 アプリケーション定義またはオブジェクト定義のエラーです。

エラー発生時に以下のダイアログが表示されます。

On Error Goto 0ステートメント

On Error Goto 0ステートメントには大きく分けると2つの機能があります。

1つはErrオブジェクトの情報をクリアです。

もう1つはエラー発生時に「On Error Goto 行ラベル」で行ラベルに処理が移らなくなります。

本などでは「エラー発生時の処理を無効にする」などとよく分からない説明がされていることがありますが、Errオブジェクトがクリアされて行ラベルにジャンプしなくなる、と考えた方が分かりやすいと思います。

以下のコードはエラー発生で行ラベルに処理が移動したあとにErrオブジェクトを使ってエラー情報を出力しています。

そのあとにOn Error Goto 0を実行すると、Errオブジェクトの内容がなくなり、エラー無しの0が出力されます。

Resume Nextでエラー発生行の次の行の7行目に移動します。

7行目は5行目と同じ処理のためまたエラーが発生しますが、「On Error Goto ERR_LABEL」のエラー処理が「On Error Goto 0」で無視されるようになったため、行ラベルに処理が移らず、エラーダイアログが表示されます。

処理の順番はコメントの番号の通りです。

実行結果
1004 アプリケーション定義またはオブジェクト定義のエラーです。
0

On Error Resume Nextステートメント

On Error Resume Nextステートメントは実行時エラーが発生してもエラーを無視して処理が継続します。

エラーを無視していてもErrオブジェクトにはエラー情報は登録されているため確認することは可能です。

以下のコードはエラーが発生しても処理が継続するサンプルです。

処理は継続しますがErrオブジェクトにはエラー情報が登録されています。

実行結果
1004 アプリケーション定義またはオブジェクト定義のエラーです。

Resume、Resume Next、Resume 行ラベル

Resumeステートメントは「On Error Goto 行ラベル」でエラー発生時に行ラベルに処理が移ったあとの処理として利用します。

エラー処理が終わったあとにエラー発生行か、エラー発生行の次の行か、指定した行ラベルかに処理を移します。

それぞれの内容は最初に書いたとおりです。

ステートメント 内容
Resume エラーが発生するとエラー時用の処理を実行して、エラーが発生した行に戻る。
Resume Next エラーが発生するとエラー時用の処理を実行して、エラーが発生した行の次の行に戻る。
Resume 行ラベル エラー発生時に指定した行ラベルに処理を移す。

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ