Excel作業をVBAで効率化

いつものExcel作業はVBAを使えば数秒で終わるかもしれませんよ

「シート」の記事一覧

VBAで別シートを参照する

別シートの参照と選択の違い 別シートを参照するには、2つの方法があります。 1つは別シートを選択した上で、その別シートを参照する方法です。 もう1つは別シートを選択せずに、その別シートを参照する方法です。 別シートを事前 […]

VBAのSheetsとWorksheetsの違い

SheetsコレクションとWorksheetsプロパティの違い ワークシートを参照する際に、SheetsコレクションやWorksheetsプロパティを利用します。 SheetsとWorksheetsの違いは、Sheets […]

VBAで作業中のシートを参照する

ActiveSheetプロパティ 一番手前に表示されているシートであるアクティブシートを参照するにはActiveSheetプロパティを利用します。 アクティブシートはブックに紐づくため、3つのブックを開いている場合は3つ […]

VBAでワークシートを参照する

Worksheetsプロパティ ワークシートを参照するにはWorksheetsプロパティを利用します。 シートの選択、追加、削除、移動、コピーなど、シート操作の基本となるプロパティです。 構文 Application.W […]

VBAで非表示シートの再表示を禁止する

非表示シートは再表示を禁止するにはVBAで対応するしかない Excelでシートタブを右クリックして「非表示」を選択するとそのシートを非表示にすることができます。ただし、その場合は再表示が可能です。 ところが、場合によって […]

VBAでシート名の取得と設定を行う

シート名はNameプロパティで管理 シート名は各種シートオブジェクト(Worksheet、Chart、DialogSheet)のNameプロパティで管理されています。 シート名の取得と設定のどちらもNameプロパティで行 […]

VBAでシート名を一括変換する

シートが多い場合はシート名の変更が面倒 シートが多いブック、ありますよね。で、そういうブックに限ってシート名がいまいちだったりします。 左から順に「1.xxx」「2.xxx」と連番が振ってある。途中にシートを追加した場合 […]